So-net無料ブログ作成

笑四季モンスーンと相性の良い料理をペアリングする [料理と日本酒の相性]

笑四季モンスーンただ今山田錦・吟吹雪・玉栄の3種類揃って発売中です。
笑四季モンスーン3本揃い bySAKE芯
笑四季モンスーンは貴醸酒の世界に革新的な味わいをもたらした日本酒で、
たっぷり溶け込んだフルーツ感とそれを支える酸味、
甘いお酒ですが甘味の切れが良く、後口に嫌な甘さが残らないのが特徴です。

甘いお酒をどんな料理と合わせるか、モンスーンとのペアリングを考えてみます。

甘いお酒と相性が良いのは脂の多い料理です。
糖分と脂は人間が本能的に美味しいと感じてしまう栄養素なのです。
糖分は脳の栄養素であり、脂は体のエネルギー源であるため糖分と脂は本能的に美味しいと脳は判断します。
テレビコマーシャルにも「美味しいものは脂肪と糖でできている」と宣伝している通りです。

脂の多い料理と言えばフォアグラです。
フォアグラに合わせるワインと言えば極甘口のフランスのソーテルヌが有名です。
フランスでも脂の多い料理には甘口のワインを選びます。
笑四季モンスーンと相性の良いフォアグラ bySAKE芯
私はフォアグラに何度かモンスーンを合わせていますが、非常に相性の良い組み合わせです。
フォアグラに合うお酒は濃厚な脂に負けないしっかりとしたボディがあり、脂を切ってくれる酸があり、ソースに合う果実感のあるお酒が条件となります。
モンスーンはその条件にぴったり合い、フォアグラの豊潤で優しい脂を包み込んで優しくノドヘ誘って、最後は酸で切ってくれる。
モンスーンの甘さも脂の多い料理に合わせると不思議と甘さが感じなくなります。

私は先日モンスーン吟吹雪とフォアグラを合わせてみましたが素晴らしい相性でした。
ワインより相性が良いという方もいらっしゃいます。
フォアグラと合わせるために産まれてきたようなお酒です。

その他モンスーンと相性の良い料理
日本酒だと合いそうもないような食材が合いますね。モンスーンが日本酒離れしているからかも知れません。
たとえばブルーチーズなどは素晴らしい相性ですし、他にチョコレートやカラスミも合います。

日本酒は今や酔うためのお酒ではなく、完全に楽しむためのお酒に変わっています。
若い造り手が様々な楽しい日本酒を生みだしてくれる時代になり、個性的な日本酒が料理との相性の幅を広げています。
多様な日本酒をどう料理に合わせるか、合わせるコツを掴めば必ず素晴らしいマリアージュで至福の時をお楽しみいただけます。

どうぞ皆さんもお試しください。


日本酒専門店 Sake芯 http://www.sake-sin.com/
Sake芯 ショッピングサイト http://shop.sake-sin.com/


いつもブログ見ていただき有難うございます。
ブログランキングに参加しています。
下をポチッと押して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント