So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ALPHA 風の森 TYPE 5 入荷しました。天然乳酸仕込と貴醸酒スタイルで仕込まれたお酒は乳酸のまろやかさにクリーミーな香りと甘味が紡ぎだす味わいが素晴らしいお酒です。 [風の森]

独創的な技術で日本酒の可能性を追求するブランドALPHA風の森の新商品TYPE5が入荷しました。
ALPHA 風の森 TYPE 5 bySAKE芯
TYPE5のテーマは「燗SAKEの探求」
温めることで味の変化を楽しんでいただくため、古来の仕込方法を応用した天然乳酸仕込と仕込水の一部に9年古酒を入れて仕込む貴醸酒スタイルで仕込まれたお酒です。

火入れされたお酒ですがやはり風の森です開栓時プシューッと音がして開きました。
開栓後は濃いフルーツ香が漂ってきます。
お酒の色は濃い黄色で、香りはバニラのクリーミーな香りにドライフルーツ香がかすかに含まれます。
含むと微発泡感のあるクリーミーなバニラアイス香がふくらみ、以外に軽快な飲み口で、アフターも軽く穏やかな余韻が続き美味しいです。貴醸酒スタイルのお酒ですが風の森らしさはしっかりと感じます。
少し温度が上がってくるとクリーミーで鮮烈な香りが立ち上がり素晴らしいです。
室温になると乳酸のまろやかさにクリーミーな香りと甘味が紡ぎだす味わいが何とも言えず良いです。

二杯目は酸が味の中心を占め、バランスを取るかのようにフルーツを含んだ甘味がふくらんできます。やがて穏やかな甘味がクリーミーな香りをまとって優しくふくらみ、温まると丸くまろやかな味わいになり素晴らしいです。

三杯目は燗をつけてみます。丸いサーモメーターのシールを磁器のぐい呑みに貼り燗をつけるとシールがピンクに変わります。
燗をつけると酸が出てきて軽い味わいになり、少し冷めてくると甘味がふくらんできて、室温近くになると柔らかいクリーミーな甘味が味わえます。

次はまた冷で飲んでみると、微発泡感にクリーミーな甘味と酸の切れが素晴らしいです。

冷で飲めばクリーミーな香りと甘味が素晴らしく、燗をつけると酸味を感じ、様々な温度帯で楽しめるお酒です。
ALPHA 風の森 TYPE 5 bySAKE芯
2017BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:15度、無濾過無加水火入酒、発酵日数33日、天然乳酸仕込


#日本酒 #風の森 #ALPHA風の森TYPE5

日本酒専門店 Sake芯 http://www.sake-sin.com/
Sake芯 ショッピングサイト http://shop.sake-sin.com/


いつもブログ見ていただき有難うございます。
ブログランキングに参加しています。
下をポチッと押して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント