So-net無料ブログ作成

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.2 入荷しました。極ぬる燗で素晴らしいパフォーマンスを発揮し冷でも香りと微炭酸を楽しめるお酒です。 [風の森]

独創的な技術で日本酒の可能性を追求するブランドALPHA風の森TYPE5のバージョン2が入荷しました。
ALPHA風の森TYPE5Ver2 bySAKE芯
Ver.2はTYPE 5 をTYPE 5 で重ねる。
今回のVer.2 では仕込みに用いる日本酒に、前回醸造のALPHA 風の森TYPE 5 を9年古酒と共に用いて貴醸酒スタイルで仕込まれています。
今後TYPE5は少しずつ前回のTYPE5を重ねていく事で、味わいの奥行を紡ぎだしていきます。

TYPE5のテーマは「燗SAKEの探求」
古来の仕込方法を応用した天然乳酸仕込、乳酸菌の紡ぎだす酸とアミノ酸が、酒質に複雑
味と幅を与えます。

火入れされたお酒ですがプシューッと音がして開栓しました。
香りはクリーミーなレモンカード様のバニラアイス香で、含むと微炭酸のキメ細かい酸と優しい甘味がふくらみ、クリーミーな香りとともに穏やかにアフターへと続き素晴らしい味わいです。
温度が上がると甘酸っぱく優しい味わいになります。

二杯目は微発泡感を伴った酸が広がり、アフターはクリーミーな香りがほのかに立ち上がります。
温度が上がってくると優しくフェミニンな香りとクリーミーな飲み口の甘酸っぱい味わいになります。

三杯目は燗をつけてみます。少し熱燗では優しくてクリーミーな味わいにアフターの軽やかな飲み口になります。
少し冷めた状態のぬる燗では乳酸のクリーミーで優しい飲み口が素晴らしく、さらに冷めると少し苦味を伴ったしなやかな飲み口になります。

再び冷酒で飲みますとしなやかさとほのかな苦味のある甘酸っぱい味わいで、温度が上がってくると優しさを含んだ甘酸っぱさがしなやかに広がる素晴らしい味わいになります。

極ぬる燗で素晴らしいパフォーマンスを発揮し、冷でも香りと微炭酸を楽しめるお酒です。
ALPHA風の森TYPE5Ver2 bySAKE芯
2017BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:15度、無濾過無加水火入酒、発酵日数32日、天然乳酸発酵、貴醸酒仕込


#日本酒 #風の森 #ALPHA風の森TYPE5Ver.2

日本酒専門店 Sake芯 http://www.sake-sin.com/
Sake芯 ショッピングサイト http://shop.sake-sin.com/


いつもブログ見ていただき有難うございます。
ブログランキングに参加しています。
下をポチッと押して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント